三鷹市 派遣看護師

麻薬注射

疾患による疼痛、癌性疼痛、オペ後疼痛などは、通常使用されている鎮痛剤では、なかなか緩和する事ができません。
そのような疼痛を緩和する為に、麻薬注射を使用する事があります。
その他にも、検査を受ける時などに、心身の苦痛緩和を計る為に、麻薬を使用して、
苦痛を感じないようにする時もありますね。
病院での麻薬の取扱いはとても慎重です。(?_?)
看護師2人で金庫から取り出して、薬品の名前と使用量をしっかりと確認します。
余った麻薬は必ず返却する事になっているんですよ。
例えば、中身がこぼれた場合にも、吸い上げて戻す事になっています。
投薬する際にも、看護師1人で行なう事はありません。
看護師2人で患者さんのところに行って、名前、呼名、ネームバンドで何度も確認します。
そして、薬品名、使用日時、使用量などをさらに2人で確認します。
それらの事を2人の看護師で再確認した上で投与です。
麻薬の取扱いというのは、どこの病院でも慎重に行なわれています。
他の薬と違い、病棟で管理しているのではなく、金庫に保管されているんですよね。
麻薬を取りに行く時は、確認者の捺印など、その病院のルールに添って取り扱う必要があります。
使用量など、間違ってしまうと患者さんの命に関わってしまう可能性もありますから、1人で行なわず、

2人で慎重に行なわなくてはいけませんね。(^^)
他の薬とは、取扱いが全く違います。

 

麻薬注射は、静脈内注射、皮下注射、硬膜外注射などがあり、癌性疼痛の緩和には、
シリンジポンプで長時間に渡って使用する事もありますね。
麻薬を使用すると、副作用で吐き気などが起こる場合があります。
症状が酷い場合には、吐き気止めの薬の使用を検討する場合もあります。