三鷹市 派遣看護師

子供が長期休暇(夏・冬休み)の時の仕事

私が住んでいる市は子育てサポートがとても充実していて、学童もたいていの町は3年生までと聞きますが、6年生まで通えます。なので、長期休暇も安心して仕事をしていました。ただ、給食があるわけではないので、毎日お弁当。これが結構大変でした。夏休みが終わって、給食が始まると、ヤッター!という気分。給食って本当にありがたいです。
共働き世帯だと、夏休みに長期間でどこかに出かけたりすることが出来ないので、時々、子どもが「○○ちゃんは旅行に行くんだって。」といった話をすると、悪いなぁと思ったりします。学童保育の方もいろいろな夏のイベントを考えてくださって、子ども達が飽きないようにしてくださっていて、とても助かります。子どもだけの留守番では時間持て余してしまったり、不規則な生活になったりするので、6年生まで学童に通えたことはとてもラッキーでした。夏だけの特別レッスンみたいな感じの水泳や学習塾に通わせたこともありました。夫の夏休みは1週間で、私も出来るだけ1週間ぐらいは休みたいので、同じ時期に休めるよう調整します。でも、なかなか1週間同じ時に休めることはなくて、重なる日にちが4日間ぐらいになったりすることもあるんですが、子どもにとっては10日間親がいるので、この時間が一番の楽しみになったようです。我が家はお盆に帰るところもないので、お盆前後は率先して働きます。お盆に休みたい方はたくさんいるので、とても重宝がられます。夫もこの期間は電車がすいていて、通勤が楽になるから、お盆の時期は休まず働く、という感じです。でも、こうやって親と一緒に休みを過ごすのを喜んでくれるのも小学生まででした。中学生になると部活中心の毎日で、親と出かけるより友達と過ごすことの方が本人も嬉しいみたいでした。でも、せめて3日間ぐらいは一緒に過ごそうよ、と家族で話し合って、子どもの部活も考慮しながら休みを取るようにしていました。